風景

東京ビッグサイトの屋上でちびっこBMX教室をやっていました。

そこから見える風景は高層ビル。

私の子供の頃の写真にはのどかな風景しか写っていませんが(笑)

2020年のオリンピックには、また違った風景になるのでしょうね♪

 

 

1305401_10202093762773915_1817483786_n.jpg

書道セラピー

書道セラピーという5分で終わる講座を受けてきました(笑)
ポジティブな言葉を書くのですが・・・それぞれ個性が出ますね♪
 

1278264_10202067389674604_138162022_n.jpg

暑さに対抗するにはやっぱり・・・・怪談?!

江戸時代から夏場は怪談! これ何が由来かご存知ですか??

実はお芝居が原点なんですね。昔の芝居小屋はクーラーなどありませんでしたから、夏場に人が入れば蒸し風呂状態!!

役者は勿論、見ている側も汗まみれ・・・・。これをどうにか出来ないものか??

そうして出来上がったシステムが怪談でございました(*^^)v

怖くて気持ちが寒くなる・・・だけではありません。

まず第一に役者が重くて暑くて、見ている側までげんなりしてくる衣装を着なくてすむ、というのも大きなポイント!
幽霊ですからね、幽霊役は白装束でOK ! 出演者も町民主役にしてしまえば軽装ですみます。

更に水場と幽霊を合体させて、涼感アップ!

明るさはほぼ必要無いので、余計な照明もカット♪

これだけの要素で更におどろおどろしい・・・・今の感覚で言えば貞子を見るような感覚ですから、ぞぞっときて気分はひんやりとなるわけです。
ついでに、この夏場の興行にはこれから売り出す予定の役者を使う事で、前宣伝を狙う効果もあったとか(笑)
見事にいろいろ考えられて上手に回転しているのが凄いですね!

怪談は私も大好きです。夜中にPCに向かいつつ、朗読を聞いていると楽しくて楽しくてたまりません。

「夏は怪談を聞いて涼しくエコしよう」という宣伝文句がなるほど・・・・とも思いまして、広く友人知人に広めたのですが、
後から、「聞いたら怖くて怖くて、家中の電気をつけまくったから結局エコにならない=33」とクレームを売れました==;

そこで、怪談が苦手な方の為に、お薦めするのはこちら☟

 

 

lpm001.JPG

 

可愛いようで、不気味で、面白いものの、良く考えると微妙にホラーな、彼らでしたら如何でしょう??

真夜中、起きぬけにふ・・・・と見るとギョっとするかもしれませんが、一緒に居ればいるほど何故か愛着がわいてしまう不思議な存在感に冬が来る頃には抱きしめて寝たくなるような暖かさを感じるようになるかもしれません(笑)

 

紙風船

文房具屋さんの店頭にかわいい紙風船♪
 

3927_10202023494337248_225425031_n.jpg

赤縁筆

川越にある氷川神社の赤縁筆

使えば使うほど、二人の距離が縮まるという・・・。

大人になると、赤縁筆の使い道に困ります(笑)

 

 

1085446_10201929130258205_716457031_n.jpg

夏だからこそ気をつけて!

 

snufkin.jpg

外に出た途端に瞬殺されそうな酷暑が続いておりますが、こんな季節でも殆どのワンコにはお散歩は欠かせません。

しかし、午前も7時近くになれば玄関を開けただけで、汗がにじみ出る暑さ・・・==;

特にアスファルトの上を歩く場合には照り返しで腹部が急激に暑くなり熱中症の危険度が高くなります。
しかも、厄介なことに、日没はまだまだ遅く、すると地面に残る熱もやはり中々下がらず・・・で、結局午後のお散歩は日暮れ前後から夜にかけてとなることもしばしばです。

この日没から本格的な闇が訪れるまでの僅かな間を英語では「マジックアワー」、日本語では「逢魔が時」といいまして、非常に視界が見にくく、視野も狭くなります。

自動車の運転などでもこの時間帯は歩行者に気をつけるように教わりますね!

人間でも見落とされがちなこの時間帯。更に足元にいる小型犬などはますます視界から除外されやすく、事故にいたりやすくなります。

夜は勿論ですが、この厄介な時間帯にも、出来るだけ安心して外出できるように、当店では腕利きのリフレクター陣が皆様のご氏名をお待ちしております!

少しの光でも確実に光り、ドライバーさんに「ここにワンコがいます」や、「ここに僕います」を合図してくれますvv

今回は代表としてスナフキンさんに旅の途中に立ち寄っていただきましたが、スヌーピーと愉快な仲間もいつでも出動できるように待機しておりますので、お気軽に出動要請してくださいませ(笑)

この季節から秋も当然冬も大活躍間違いなし!!です。

暑いものには熱さで対抗

毎日暑いですね。

折角暑いので、もっと熱い草津の湯に入ってきました。

汗もだるさも吹き飛びます♪

 

 

P1100845.jpg

暑い

バナナ

バナナをたくさんいただいたので、フローズンバナナを作ってみました。

生クリーム、ヨーグルト、砂糖、バナナを混ぜて冷やすだけ♪

もっとも簡単なのはバナナをそのまま凍らせる事ですが(笑)

素材の味が一番生かされる食べ方ですね♪

 

 

1081634_10201813005355155_2050547584_n.jpg

夏でもやっぱり。。。。

 

画像 男の子 008.jpg

 

湿気が多くて外に出た途端に汗がじっとりとするこの頃ですが、
室内はどうしてもエコを気にしつつエアコンを入れてしまいますね。

人間よりも立派な毛皮を持つ犬と猫・・・・・猫はもともと砂漠の生き物ですので犬よりはずっと暑さに強いとはいえ、
熱中症でばたばたと人が倒れている今年の夏の暑さはやはり、どちらにとってもそのままでは辛そうです。

そこでエアコンの登場となるのですが、私達人間はあちこち歩きまわったり、立ったり座ったりしているので比較的いい温度であると思っていても
実は、冷たい空気は下へ下へと流れていくもの。

さぞかし暑かろう、と気を利かせたつもりで以外に冷えすぎということも(-_-;)

お散歩から戻って舌をだらりんとさせている子達も最初のうちは風が来るフローリングで行き倒れていますが、
気がつくと、大抵がラグマットや長座布団やカーペットの上で寛いでいることが多いものです。

私達もいくら暑いからといってエアコンのタイマーを設定してごろりと横になる際には、なぜか身体が冷えすぎないようにとタオルケットなどをかけるのと同じで
犬達も体内温度を調節するために寛ぎたい時にはどこか冷えすぎを緩和してくれる場所を好むようです。

猫は三次元で動けるため、寛ぎスポットを高さにして三段階くらいで用意してあげると良いみたいですよ。
尤も、猫族は犬よりも居心地の良い場所を探せる範囲が広いですから、気がついたら冷蔵庫の上にいたり、キャットタワーで少しずつ移動してみたり、と
かなり能動的ですが(笑)

我が家では以前は写真のように夏仕様に青と白で(汚される可能性が高い場所だけ余っていた色を使いましたが)見た目涼しくタイルカーペットを利用しておりました。
現在は居場所が狭いので、長座布団を夏らしくカバーを変えて、要所要所にタイルカーペットや玄関マットなどを敷いてます。

中には孤独を求めてか、台所で寝ているのもおりますが==;

まだ幼少期の犬猫や、反対に高齢の子達は体温の調節機能が上手にできない場合も多いので、冷たい床の隣には必ず冷えすぎを防ぐためにも
ラグやカーペット、ベッド、カドラーなどを用意してあげてくださいねvv

 

 

前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

アーカイブ

2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

アーカイブ